EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – フィンランド編

ユーロディナーについてはこちら:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – 序章

オーストリア編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – オーストリア編

ベルギー編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – ベルギー編

ブルガリア編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – ブルガリア編

クロアチア編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – クロアチア編

キプロス編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – キプロス編

チェコ編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – チェコ編

デンマーク編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – チェコ編

エストニア編:EU離脱カウントダウンプロジェクト – ユーロディナー – エストニア編

アルファベット順に作っています。9カ国目はフィンランド

  • ロヒケイット

ロヒケイット。フィンランド語は勘でも意味を推測できないナゾな言語。ロヒケイットはサーモンが入ったミルクベースのスープ。最後にレモンを絞っていれるのが特徴かしらね。それにしても私のフードフォトの見栄えのしないことと言ったら。でもいいんだよ。重要なのはそこじゃないんだ、このプロジェクトにおいては。

2、3年前、ヘルシンキでの乗り換えに間に合わなくて1泊したよ。ロンドンからの飛行機が遅れたせいだったから、35分の乗り換えに間に合わなくて、その飛行機にいた東京行きの人たちが全員、ヘルシンキの空港近くのホテルに泊まることに。夕食がものすごく質素でちょっとグスンてなった。なんか、具のなくなった茶色のクリームスープみたいなやつに、パン。日本人たちは黙々と無言で食べ、ヨーロッパ人は驚異の顔の人もいれば、ワインをボトルで頼んで忘れようとしているグループも。私も確かワインをグラスで頼んだ記憶が。。

後に私の行く美容室のオーナーの方も1度あの魔の乗り換え便で失敗したそうで、彼女は同じホテルに泊まったらしいのだが、ホテルにあった本場のサウナに行ったそう。そんなこと1ミリたりとも考えなかった私よ。バカバカ。私も本場のサウナ体験してみたかった。

サウナには行かなかったけど、私は近所の巨大スーパーに行って、商品を隅から隅までチェックしたよ。でもチェックしきれないほどものすごく巨大だった、あのスーパー。あと、物価高かったよね。ヘルシンキの空港よりは安かったけど。ヘルシンキの空港といえば、ベルトコンベアーの周りにいろんな動物の剥製がケースに入れられて飾ってあったよ。あと、鹿の毛皮(床に敷くやつ?)が山盛りで売られていたよ。

今度はちゃんと行きたい。そしてサウナにも入りたい。

2019-02-16 | Posted in NEWSComments Closed 

関連記事